停滞期のためにダイエットを挫折

停滞期のためにダイエットを挫折

ダイエットを停滞期のために挫折したという人は少なくありません。長期間のダイエットをしたことがあるという人の大半が停滞期は実感しています。

ですが、ダイエットを停滞期にいる時に終了させると、ダイエット前より今度は体重が多くなることがあります。食事制限や運動を続けているにもかかわらず、順調に減っていた体重の減少が停滞期とは、ぺったりと止まってしまうことです。

普段、摂取したカロリーの全てを人の体は体内に取り入れてはいません。蓄積されている脂肪の代謝は低下し、体内の消費カロリーも減らした食事量に応じて落ちます。

停滞期という状態に人の体が入るのは、ホメオスタシオスという性質のためです。代謝が下がるので、体重がこれまでのようには減らなくなるのです。

代謝は戻りますので、ダイエットをそのつもりで継続してください。ダイエットの一時期に停滞期とはすぎず、また終われば体重は減り始めますので、マイペースで続けましょう。

しかし急激に食事量を絞ると、あまさずわずかなカロリーを貯め込もうとします。なかなか形になって頑張って食事を減らし、運動も続けているのに現れないのは精神的にも切ないでしょう。

しばらくこの状態は維持されますが、停滞期はじきに終了します。環境が急激に変わっても血圧や体温、血糖値や体内の浸透圧が変わらないように人の体は、維持する効果があります。