通常よりも高い効果のある加圧トレーニング

通常よりも高い効果のある加圧トレーニング

加圧トレーニングでスポーツ選手やアスリートみたいに持久力がある(乳酸耐性のある)筋肉をつけることにはもっとも効果的だと思う。成長ホルモンに見合う筋損傷による超回復がなされて空前大きな筋肉は手に入ると私は思われている。

しかし私たち一般人が見た目の筋肥大だけを目的とした場合、加圧トレーニングは低負荷で筋肉の損傷が多くないため効率が感じが好いとは言いましてもません。ざっくり説明すると腕や足に加圧ベルトを巻いてトレーニングすると腕や足に送られる酸素が少なくなるのでしょう。

実際スポーツ選手も効果的にトレーニングに取り入れていることからもそこはわかります。それで腕や足の血液中の酸素が不足し乳酸濃度が急激に高まり、筋肉内にある受容体をガンガン刺激します。

加圧トレーニングの宣伝文句である成長ホルモンによる筋肥大ですけど、成長ホルモンだけで筋肉が大きくなるならよく寝る人や小学生は皆ゴリマッチョになるんです。加圧トレーニングは適切に血流を制限した状態でトレーニングをすることによって通常よりも高峻効果を得られるトレーニング方法です。